ガイアフィールドのスチールハウス

ガイアフィールドのスチールハウス・田園都市線沿線・高津区・宮前区を中心に住まいの提案をしています。

スチールハウスの検査体制・保障について

検査保証を第三者機関である日本住宅保証検査機構(JIO)による検査の保証

  1. 建築基準法
  2. 住宅金融支援機構
  3. JIOの設計施工基準
  • 上記の基準をクリアしているかを検査
  • 4回の現場検査と引渡し後10年余迄「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で 義務付けられた「主要構造部と雨水の浸入を防止する部分」の10年保証をバックアップします。

まず、地盤の特性に適合した、基礎の形状を提案するために、建設地の地盤調査をおこないます。

  • スウェーデン式サウンディング試験を標準としており、1敷地内で、必ず4ポイント以上調査します。調査データを解析して、不同沈下(ふどうちんか)などの重大事故が発生しないような基礎仕様を「基礎仕様計画書」として報告・提案します。
  • 軟弱地盤の場合には、地盤改良工事が必要になる場合もあります。

基礎仕様計画書の提案内容以上で、かつ図面通りかチェックします。

  • 基礎は、引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートの特性をいかし一体化して重量を支えます。ですから、鉄筋の太さや間隔などが重要になってきます。 検査では、それらが「基礎仕様計画書」の内容以上で、かつ図面通りに組まれているかをコンクリートを打ちこむ前に目視(もくし)及び計測でチェックします。また鉄筋をつなぐ部分での、鉄筋どうしの重ね長さなども確認します。

JIOに提出された図面と照らし合わせながら検査します。

  • ず建築士の資格をもった検査員がチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋違い」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか(木造在来工法の場合)、など通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。

雨水の進入を防止する項目をチェックします。

  • 外装下地検査は外壁の下に貼る防水シートのつなぎめでの重ね長さ、サッシなどの開口部廻りの防水処理、換気扇などの壁を貫通する部分での防水処理などを外壁仕上材を貼る前に確認します。

完了検査は建物の本体工事が終わってから行う検査

  • サイディングの継ぎ目や釘のピッチ、ベランダ防水等、雨水の浸入を防止する項目をチェックします。